Remote working environments リモートワーク環境

 

The pandemic has made workplaces more diverse and flexible than ever before. In order to maintain workers' health and wellbeing, various types of spaces besides conventional offices should become subject to assessment and feedback. ideaship has developed a framework for assessing and improving the wellness of remote working environments. We carefully analyze quantitative data to propose ways to create better remote working environments both individually and organizationally. 

新型コロナウイルス感染症の影響により、仕事をする空間の多様性と柔軟性はますます高まりました。ワーカーの健康を維持するためには、オフィス空間に限らず、様々な仕事をする空間に対する評価とフィードバックが重要になります。アイディアシップでは、リモートワーク空間の健康度を評価し、改善につながる枠組みを開発しました。定量データを丁寧に分析し、より良いリモートワーク空間とするためのご提案を個人向け・組織向けそれぞれの側面で行います。

 

※リモートワーク:従業員がオフィスに出社することなく、会社以外の遠隔の場所で業務を行うことと定義します。